化粧水の成分として人気のコラーゲンとヒアルロン酸

化粧水に配合されている美容成分の中でも人気が高いのが、コラーゲンとヒアルロン酸です。最近は、コラーゲンを皮膚の外側からつけたとしても、奥にまで入っていかないので、ほとんど意味のない行為であるという言われ方もしています。コラーゲンは分子が大きいのが特徴で、肌に浸透しにくい成分であるため、化粧水の成分として使いにくいという面がありました。現在は肌に浸透しやすいように低分子化されたコラーゲンが配合された化粧水も販売されるようになってきています。低分子状態のコラーゲンが入った化粧水かを把握してから、商品を買うようにするといいでしょう。化粧水に含まれているコラーゲンは、ハリと弾力のある肌を取り戻す効果よりも、保湿を高める為の成分として配合されている事が多くなっています。肌の外側から補う事で、ハリと弾力を取り戻す事は簡単ではありませんが、肌にコラーゲンを補給すると、水分の蒸発を防いでくれる役割を期待できます。ヒアルロン酸を含む化粧水も多いですが、ヒアルロン酸は保湿効果をもたらす前に肌から蒸発してしまいます。肌が乾燥しないように、必要な水分量を維持する為には、水分の補給だけでなく蒸発を防ぐという事も重要になってきます。水分の蒸発を防ぐ為には、コラーゲンも有効な成分のひとつとなってきます。ヒアルロン酸とコラーゲンが、どういった成分であり、それぞれ肌にどう効果を及ばせるものなのかを踏まえて、スキンケアに使うといいでしょう。コラーゲンやヒアルロン酸など美容成分のことをしっかり理解することで、自分の肌に適した化粧水を選ぶことが出来るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です